ブロック注射
神経ブロック注射
斜角筋ブロック

肩から腕にかけての痛みに対し行います。
左図のように、首に注射をすることにより、首から腕に向かう神経の束を麻酔できます。
このブロックを使い、肩の手術をすることもあります。

このブロックは、合併症が少ないため安全に行うことができますが、念のために30分ほど外来で様子をみて、気分が悪くなったりしないか確認後帰宅して頂きます。

仙骨裂孔ブロック

いわゆるぎっくり腰・腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などのひどい腰痛や足の痛みがある時に行います。
尾てい骨の付近から注射します。
このブロックは安全にできるものですが、血圧が少し低下しますので、定期的に血圧及び気分不良がないかどうかチェックします。
また、足の力が少し弱りますので、筋力が回復するまで1時間程度(車で見えた方は2時間程度)外来で休んで頂きます。

神経根

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで足の痛みが強い場合、まず上記の仙骨裂孔ブロックを行います。それで痛みの改善が思わしくない場合、MRIという検査でどこでどの程度神経が圧迫されているかを見ます。その結果、痛みの原因となっている神経根(左図)が特定できます。このような場合、原因と思われる神経根に注射することにより痛みが劇的に軽くなります。

このブロックは治療としてだけではなく、今後の治療方針を決める目的としても行われます。
すなわち、このブロックでヘルニアや脊柱管狭窄症の症状が軽くなり、なおかつその効果がある程度持続する場合は外来で保存的に治療できます。一方、ブロック後数時間は症状が軽くなっていたが、その後元の痛みに戻ったという場合は手術をした方がよいでしょうと患者様に説明できるわけです。
なお、このブロック後は足の力がかなり弱りますので、筋力が回復するまで2〜3時間外来で休んで頂きます。

整形外科Topへもどる