いつから・どこが・どのように痛いか・しびれるか、その症状は軽くなっているか・変わらないか・ひどくなっているかをお聞きします。その後どこが一番痛いか・関節の不安定性はないか・骨折の程度はどのくらいか等を診察します。
レントゲンで骨・関節に異常がないかのチェック。
骨粗鬆症
疑いがあれば骨の強さを器械でチェック
いわゆるすじを傷めた症状ならば、
超音波検査でどの程度すじが傷んでいるか、腫瘍であればどのような形態のものか判断できます。

診察し保存的に治療できると考えれば、痛みに対する治療として飲み薬・湿布・局部注射(注射は患者様が嫌がられる場合は行いません)、骨折・捻挫に対してはギプス・装具・テーピングなどを行います。

痛みの強い方にはブロック注射を行います当院で行う主なブロックは、上肢の痛みに対し斜角筋ブロック・下肢の痛みに対し仙骨裂孔ブロック・その他様々な神経ブロックを行っています。

診察し精密検査が必要と判断した場合、あるいはブロック注射を行っても症状の改善が思わしくないない場合には、連携病院にてMRI検査をして頂きます。その際は患者様の御都合に合わせ当院で予約を取りますのでご安心下さい。

様々な保存治療を行っても症状が軽くならない・徐々にひどくなっていく場合、あるいは腱の断裂・ずれの大きい骨折の場合などは手術を行うことが多くなります。
当院でも骨折・腱縫合など行っていますが、特殊な器械を必要とする場合は適宜連携病院に紹介いたします。

電気治療・運動療法を専任の理学療法士と連携をとりながら行います。
腰痛・関節痛などの痛みを軽くする
電気治療や牽引、ギプス除去後・手術後などの筋力回復・関節の動きを改善させるための運動療法を、様々な器械を補助的に使いながら行います。

  

@

A

C

B

D

E

F

診療の流れ

(下線のついた青文字をクリックすると詳細な説明があります)

:精密検査、手術などが必要となる診療パターン

 :通常の診療パターン(全体の9割を占めます)

整形外科Topへもどる