レントゲン検査
整形外科Topへもどる

骨折・脱臼の有無のみならず、関節の変形、骨粗鬆症の程度の判断、骨腫瘍のチェックなど得られる情報は非常に多いものがあり、整形外科的診断の基本となります。

骨折
関節の変形
関節の変形
疲労骨折

足首

手首

足の甲

脱臼した肩

正常な肩

踵(かかと)の骨のう腫

骨折
骨折

頸椎(首)

腰椎(腰)

矢印の部分の関節が狭くなっています。

矢印の部分の背骨が
つぶれています。

矢印の部分が骨折しているところです。